足袋づくり

photo by Hako Hosokawa

一、「引き伸し」
足袋をつくる為の生地を色、汚れ、キズを検査しながら
生地を重ねていきます。

足袋づくり 引き伸し

二、「裁断」
直断プレス式の裁断機で伸して重ねた生地を
{おや}[{よつ} {底} 専用の金型を使いそれぞれ
裁っていきます。

足袋づくり 裁断

三、「掛け通し」
こはぜを留めるための掛け糸を専用の機械で
生地に通していきます。

足袋づくり 掛け通し

「押え縫い」
コハゼを留める部分以外の所を縫い止めていきます。

足袋づくり 押え縫い

四、「こはぜ縫い」
ボタンの代わりになるこはぜを縫い付けていきます。

足袋づくり こはぜ縫い

五、「羽縫い おや よつ」
足首~かかと部分をおや側、よつ側別々に表地裏地
を合わせ縫っていきます。

足袋づくり 羽縫い

六、「甲縫い」
おやとよつを合わせ甲の部分を縫っていきます。

足袋づくり 甲縫い

「尻止め」
かかとの部分を丸く縫い止めます。

足袋づくり 尻止め

七、「つま縫い」
職人の匠技と伝統のドイツ式八方つま縫いミシンで
表・裏・底地を合わせて、つま先の立体的なふくらみ
を小さな山を作りながら綺麗にふっくらと仕上げていきます。

足袋づくり つま縫い

足袋づくり つま縫い

八、「廻し縫い」
つま先部分以外のアッパーと底地を縫い付けていきます。

足袋づくり 廻し縫い

「千鳥縫い」
廻し縫いの後で、補強のためその周りを千鳥掛けします。

足袋づくり 千鳥縫い

九、「仕上げ」
全部で返し・ボッキ・たたき・こぐ・アイロン掛けの
5つの工程からなり、木工道具と手業を駆使し、履き
心地・耐久性・シルエットを意識しながらふっくらと
仕上げていきます。

足袋づくり 仕上げ

photo by Hako Hosokawa

COMMENT ON FACEBOOK