足袋のあれこれ

足袋の選び方

伝統的に綺麗に格好良く見せる、お着物をより引き立たせるのは やはり白足袋です。

冠婚葬祭や特別な日に・・・綿足袋
お仕事やお稽古事に・・・綿足袋、合繊足袋、ストレッチ足袋

お着物の色や風合いに合わせてお好みの足袋をお選びください。
普段履で室内や外で履かれる場合・・・紺足袋、紐足袋等

日常的にお着物を着られる方はもちろんの事,普段履きとして室内で過ごす際や外でウォーキング等される際は、
好きな足袋に合わせて好きな履物を履かれると良いと思います。

足袋に関する名称について

「キャラコとかブロードとかって何?」
商品名の中にキャラコとブロードという名前がよく見られますが、キャラコは平織の組成上たて糸とよこ糸が1:1なのに対しブロードは1:2という事になり、キャラコの方がブロードに比べ目が細かく表面に艶感が出てくるといった違いがあります。

「足袋の生地はどんなものがあるの?」
平織は織り方の名称で、他には綾織(しっかりした生地)朱子織という様に織り方の呼び名が違います。
ナイロン等の繊維は平織でも綾織でもない編み物という分類に入り伸縮性のある生地となっております。

 足袋の生地についてのYOUTUBE動画はこちら 

「晒裏とネル裏の違いは?」
両方とも裏地の呼び方を指すのですが、晒裏は基本時に表地に比べ目が粗く吸湿性の良い構造になっていて春夏向きです。
ネル裏はフランネルと言われる起毛された暖かい秋冬向きです。

「こはぜって何?」
こはぜは服でいうボタンの替わりになるもので、コハゼを掛け糸といわれる糸に掛けて底~足首部分で留める形になります。

足袋のサイズの選び方

商品によっても異なりますが、紳士靴・婦人靴JIS規格
に基づいており靴と同じサイズか靴よりも-5mmした
サイズが合うケースが多いです。
ただし甲の高さや巾、足首周辺のサイズにより選ぶサイズ
が異なりますのでご注意が必要です。


白足袋でしたら特級白キャラコ足袋の6型の表をご参考ください。

足袋のお手入れについて

足袋はお洗濯の際、手洗いが理想的ですが全自動洗濯機でもお洗いいただけます。
ただしその際には生地が傷まない様に必ずネットに入れて漂白剤のご使用は控えて下さい。

干す時は足袋の端と端を持ちたて・よこにパンパンと形を整えてから洗濯ばさみを掛け糸(親指側)の部分にすると痕が目立ちにくくなります。
また影干しでお願いします。


干す前に形を整え、履いていると自然にシワは伸びますがシワが気になる時は下記の様にアイロン掛けをしてみて下さい。

底の汚れがどうしても気になるというお声をいただきます。
足袋用のブラシかあまり硬くない
ブラシで丁寧に汚れを落とすか、よく注意が必要ですが、お風呂場等で足袋の底面に高圧洗浄機で汚れを落としていきます。
あまり威力が強すぎたり近づけすぎると生地を傷めたり本来の色も変わる
可能性がございますのでご注意ください。